日付 今日の花 花言葉
3 ゼラニューム(テンジクアオイ属)ゼラニューム(テンジクアオイ属)

決心、安楽、追憶、友情

この誕生花の人の性格は?
裏表のないさわやかな性格。健全で、暗さや、邪悪さとは無縁の生き方をしている人です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ゼラニューム(テンジクアオイ属)

誕生花の事典
学術的説明
テンジクアオイ属 (Pelargonium) とはフウロソウ科に属する植物の属。
和名

テンジクアオイ(天竺葵)、ゼラニウム、ペラルゴニウム

英名

Geranium, Pelargonium

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

多年草や多肉植物、低木など約200種がある。テンジクアオイ属の種の大部分は亜熱帯、熱帯に生息して、霜には耐性がない。葉は普通互生で、掌状もしくは羽状である。花は直立した茎の先につき、5枚の花弁がある。花の色や形は様々なものがある。

一般的な園芸植物であり、約20の種から数百の品種が作られている。普通、園芸植物として栽培されるものはゼラニウムと総称されるが、紛らわしいことに、ゼラニウムとは同じ科のゲンノショウコなどが含まれるフウロソウ属 (Geranium) のことでもある。この2つの属に属する植物は元は Geranium 属にまとめられていが、1789年に多肉質の Pelargonium 属を分離した。園芸植物として栽培されていたテンジクアオイ類はこのときに Pelargonium 属に入ったのであるが、古くから Geranium (ゼラニウム、ゲラニウム)の名で親しまれてきたために、園芸名としてはゼラニウムの呼び名が残ったのである。園芸店などでも、本属植物の一部をラテン名で ペラルゴニウム (Pelargonium) で呼び、その一方で本属植物の一部を「ゼラニウム」と呼んでいることがあり、これらは全然別の植物のような印象を与えていることがある。ペラルゴニウムとゼラニウムを意識的に区別している場合は、ペラルゴニウム属のうち一季咲きのものをペラルゴニウム、四季咲きのものをゼラニウムとしているようである。

最初に栽培されたのは南アフリカ原産の Pelargonium triste である。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月