日付 今日の花 花言葉
4 トリトマ(シャグマユリ・赤熊百合・トーチリリー・クニフォフィア)トリトマ(シャグマユリ・トーチリリー)

あなたを想って心が痛む

この誕生花の人の性格は?
育ちの良さを感じさせる素直な明るい人。ちょっとおっちょこちょいで失敗する事がたまにあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

トリトマ(シャグマユリ・赤熊百合・トーチリリー・クニフォフィア)

誕生花の事典
学術的説明
クニフォフィア(トリトマ、Red hot poker、トーチ・リリィ、Poker plant)は、アフリカに自生している70以上の種を含むAsphodelaceae科の属である。いくつかの種が、商業的に園芸学に使用されており、明るいロケット形をした花でよく知られている。
和名

シャグマユリ(赤熊百合)、タイマツユリ(松明百合)

英名

Tritoma, Torch lily

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

クニフォフィアは、赤からオレンジにかけて明るい色をした棘状の花をつける。このことから、「松明」や「赤く焼けた火かき棒」などの多くの異名がある。

Kniphofia(クニフォフィア)属は、18世紀のドイツ人医師および植物学者ジョハン・ヒエロニムス・クニフォフィアにちなんで名付けられている。

Kniphofia (Tritoma, Red hot poker, Torch lily, Poker plant) is a genus of plants in the family Asphodelaceae that includes 70 or more species native to Africa. Some species have been commercially used horticulturally and are commonly known for their bright, rocket-shaped flowers.

These plants produce spikes of brightly-colored, hanging, red-to-orange flowers. This gives names such as "torch" and "red hot poker" to many of them.

The Kniphofia genus is named after Johann Hieronymus Kniphof, a 18th century German physician and botanist.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月