日付 今日の花 花言葉
11 ルコウソウ(るこうそう・縷紅草)ルコウソウ(るこうそう・縷紅草)

常に愛らしい

この誕生花の人の性格は?
精神的なものに惹かれ、宗教やオカルティズムに凝ったり、占い好きだったりします。都会暮らしを好む傾向があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ルコウソウ(るこうそう・縷紅草)

誕生花の事典
学術的説明
ルコウソウ(Cypress Vine、Cypressvine Morning Glory、Cardinal Creeper、Cardinal Vine、Star Glory、または「ハチドリ・vine(つる植物)」)は、南米の北からメキシコ北部までの熱帯地域に自生しているヒルガオ科の種である。
和名

ルコウソウ(縷紅草)

英名

Ipomoea quamoclit, Cardinal Vine

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

ルコウソウは、高さ1~3mまで成長する一年草、もしくは多年草のつる植物である。葉は2~9cm ほどで、葉の各側面には9~19個ほどの(羽状に近い)裂片があり、深く裂けている。花は3~4cmほどの大きさで、直径は2cm、5つの頂点を持つトランペット形をしており、赤やピンク、または白色である。初夏から晩秋まで開花する。

ルコウソウは観賞植物として熱帯地域で広く栽培されているが、冬があるせいで枯れてしまう温帯地域でも一年生植物として育てられるている。

ルコウソウの苗は保湿していなければならない。立派に育てるには、良い日射環境が必要となる。 このつる植物は、ハチドリを引きよせるための最良の植物の1つであり、彼らの良い食料となる。温帯地域では、この植物は非常に侵出的な場合がある。

Ipomoea quamoclit (Cypress Vine, Cypressvine Morning Glory, Cardinal Creeper, Cardinal Vine, Star Glory or "hummingbird vine") is a species of morning glory native to tropical regions of the New World from northern South America north to Mexico.

It is an annual or perennial herbaceous twining vine growing to 1-3 m tall. The leaves are 2-9 cm long, deeply lobed (nearly pinnate) with 9-19 lobes on each side of the leaf. The flowers are 3-4 cm long and 2 cm diameter, trumpet-shaped with five points, and can be red, pink or white; flowering is from early summer to late fall.

It is widely cultivated as an ornamental plant throughout the tropics, and also outside of tropical regions, where it is grown as an annual plant only, not surviving temperate zone winters. In some tropical areas it has become naturalized.

Seedlings must always be kept moist. They require full sun for good growth. This vine is one of the best plants for attracting hummingbirds, and is a vigorous grower. In warmer climates this plant can be extremely invasive.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月