日付 今日の花 花言葉
30 カヤツリグサ(かやつりぐさ・蚊帳吊草・莎草・マスクサ・枡草)カヤツリグサ(莎草・枡草)

伝統、歴史

この誕生花の人の性格は?
大人びた落ち着いた物腰が魅力的。まわりから一目おかれてるのでは?実力がありどんな時もスキをみせない冷静さも持ち合わせてます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

カヤツリグサ(かやつりぐさ・蚊帳吊草・莎草・マスクサ・枡草)

誕生花の事典
学術的説明
カヤツリグサ(蚊帳吊草、莎草、Cyperus microiria)は、カヤツリグサ科カヤツリグサ属の一年生植物である。マスクサ(枡草)ともいう。道端でよく見かけるが、近似種が多く、多くの場合にそれらが混同されている。
和名

カヤツリグサ(蚊帳吊草)、マスクサ(枡草)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

背丈は30cm程度、大きいものでも50cmくらい。道端や田畑にも出現する雑草である。全体に緑色で、つやがある。根元には少数の細長い葉がある。その真ん中から直立する茎を伸ばす。茎は節がなく、枝分かれせず、真っすぐに伸び、先端に花序をつける。茎の断面は、三角形になっている。

花序の基部には葉の形の苞が数枚あり、何枚かは花序より長い。根元の葉が少ないので、全体としては頭でっかちな姿である。

小穂は平らで細長く、多少褐色を帯びる。小穂が小軸からやや大きい角度で突き出し、それがずらりと並んでブラシのようになったものが茎の先端から伸びた柄の先にいくつかついて、そういう柄が茎の先端から数本伸びたものが花序を形成している。茎の先端に直についた穂もある。

花は小穂の鱗片の中に収まり、雌しべを雄しべが取り囲むだけの簡単なもの。雌しべは成熟して果実になると、鱗片とともに脱落する。果実は褐色でつやがあり、断面は三角形をしている。

この属の日本産の種は雑種も含めれば約40種あり、水湿地に生育するものが多い。1mを越える大型種から、高さ数cm程度の小型種まで、さまざまである。特徴のはっきりしている物もあるが、正確な同定には、鱗片の形や果実の形、柱頭の数などを見る必要がある。

カヤツリグサは蚊帳吊り草で、昔、この植物の茎を引き裂いて蚊帳を吊ったような形を作る子供の遊びがあったことに基づく。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月