日付 今日の花 花言葉
3 ネフロレピス(西洋タマシダ・ボストンファーン)ネフロレピス(西洋タマシダ)

魅惑

この誕生花の人の性格は?
小さい時からのしっかり者。人にたよらず何でもてきぱきやってきたので、要領が悪い人に我慢できません。つい手や口を出して、うるさがられます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ネフロレピス(西洋タマシダ・ボストンファーン)

誕生花の事典
学術的説明
タマシダ(ネフロレピス・エクサルタータ)はLomariopsidaceae科のシダの一種で、世界中の熱帯地域に自生している。 特に、北南米、メキシコ、中米、フロリダ、西インド諸島、ポリネシア、およびアフリカの熱帯雨林に生息している。
和名

セイヨウタマシダ(西洋玉羊歯)

英名

Boston fern

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

葉の全体像は長さが50~250cmで、6~15cmの横幅がある。交互に羽状葉(中央の葉脈から外側に向かって生えている小葉のこと)がついており、羽片は2~8cmほどである。羽状葉は三角形をしている。また、羽状葉の葉脈も複葉から成っているように見える。フチはのこぎり状に見える。この種の葉は直立しているが、最もよく栽培されているボストンファーンには、優雅にアーチ形に曲げられたものもある。 この変異種は、1894年にフィラデルフィアからボストンへ出荷されたタマシダの中から発見された。

ボストンファーンは、掛けカゴのようなもので育てられる、非常に人気がある鉢植えである。 非常に強靭な種で、霜のせいでシダが完全に死んでいるように見えていても、春になれば再活する。一般に、 富栄養化の進んだずぶ濡れな土壌ではなく、湿っぽい環境が好まれる。通常に栽培されているシダの中では、ボストンシダは最も干ばつに許容性がある。 シダは、高湿度条件のときに最もよく成長するので、鉢植えとして栽培しているときには相対湿度が約80%未満になるときには、霧吹きをしたほうが良い。 野外では日陰を好むが、室内ではフィルター越しに陽の当たるところで最も良く成長する。 栽培している品種どおりの胞子を作ってくれないときには、通常、この植物の根づいているランナーを分割すること(株分け)によって繁殖させる。

ボストンファーンは、フロリダ、西インド諸島、およびアジアの太平洋に自生している。 近縁種(Tuberous Sword fern)は、頻繁にボストンシダに混雑しており、単一栽培をしているときには、大変に問題な侵入植物である。

The Sword Fern (Nephrolepis exaltata) is a species of fern in the family Lomariopsidaceae , native to tropical regions throughout the world. It is common in humid forests and swamps, especially in northern South America, Mexico, Central America, Florida, the West Indies, Polynesia and Africa. Also known as the Wild Boston fern, Tuber ladder fern or Fishbone fern is in the broader family of sword fern.

The fronds are 50-250 cm long and 6-15 cm broad, with alternate pinnae (the small "leaflets" on either side of the midrib), each pinna being 2-8 cm long. The pinnae are generally deltoid. The pinnate vein pattern is also visible on these highly compound leaves. The edges appear slightly serrate. The species has erect fronds, but Nephrolepis exaltata cv. Bostoniensis (Boston Fern), the most commonly cultivated cultivar, has gracefully arching fronds. This mutation was discovered in a shipment of N. exaltata to Boston from Philadelphia in 1894.

The Boston fern is a very popular house plant, often grown in hanging baskets or similar conditions. It is a perennial plant hardy in USDA plant hardiness zones 9-11. Although the fern may appear totally dead due to frost, it will re-emerge in the spring. In general, the Boston fern likes damp, but not soggy soil that is rich in nutrients. Of the common cultivated ferns, the Boston fern is the most tolerant to drought. The fern thrives best in humid conditions, so when grown as a house plant it becomes necessary to mist the plant when relative humidity falls below around 80%. Although outdoors this plant prefers partial shade or full shade, inside it grows best in bright filtered light. This plant is usually propagated by division of the rooted runners, as named cultivars will not produce true spores.

Boston fern is native to Florida, the West Indies, and Asian Pacific. A related species, the Tuberous Sword fern (Nephrolepis cordifolia), is frequently confused with Boston fern and is a serious exotic invasive plant, forming dense monocultures.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月