日付 今日の花 花言葉
30 ヤブコウジ(やぶこうじ・藪柑子・ジュウリョウ・十両)ヤブコウジ(藪柑子・十両)

明日の幸福

この誕生花の人の性格は?
仕事もでき、金運もあり、恋愛でもつねに勝利者と、公私ともに強運なうらやましい人。ただ弱者の気持ちに気づかないことも。周囲にこまやかな心くばりを忘れないで。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ヤブコウジ(やぶこうじ・藪柑子・ジュウリョウ・十両)

誕生花の事典
学術的説明
ヤブコウジ(藪柑子、学名:Ardisia japonica)は、ヤブコウジ科の常緑小低木。林内に生育し、冬に赤い果実をつけ美しいので栽培もされる。別名、ジュウリョウ(十両)。
和名

ヤブコウジ(藪柑子)、ジュウリョウ(十両)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

ほふく茎が長く這って伸び、先が20cmほど立ち上がって葉を輪生状につける。花は白か淡いピンク色で、夏に葉の根元から伸びて下向きに咲く。果実は液果で冬に赤く熟す。日本のほか東アジア一帯に分布する。

正月の縁起物ともされ、センリョウ科のセンリョウ(千両)や、同じヤブコウジ科のカラタチバナ(百両)マンリョウ(万両)と並べてジュウリョウ(十両)とも呼ばれる。寄せ植えの素材などとして使われる。

それとは別に、斑入り品などの変異株が江戸時代より選別され、古典園芸植物の一つとして栽培され、それらには品種名もつけられてきた。古典園芸植物としての名前は紫金牛(これで「こうじ」と読ませる)である。明治年間にも大流行があり、一鉢が家1軒の値が付いたこともある。現在では約40の品種が保存されている。

縁起物として扱われた経緯から、落語「寿限無」の中の「やぶらこうじのぶらこうじ」とは本種のことと推測される。

生薬としては紫金牛(シキンギュウ)と称し、特に中国でよく用いる。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月