日付 今日の花 花言葉
6 アブラナ(あぶらな・油菜・ナノハナ・菜の花・ナタネ)アブラナ(油菜・菜の花・ナタネ)

競争

この誕生花の人の性格は?
論争すると相手をしんらつにやっつけたりします。でもこれは相手が強い立場の場合。困っている人や弱者にはとても寛大で、必要とあらば人肌ぬぐ性格です。年下の子たちの憧れの的になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

アブラナ(あぶらな・油菜・ナノハナ・菜の花・ナタネ)

誕生花の事典
学術的説明
アブラナ(油菜)は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物。古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた作物で、別名としてナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種、厳密には採取した種子のこと)などがあり、江戸時代には胡菜または菜薹と呼ばれた。
和名

アブラナ(油菜)、ナノハナ(菜の花)、ナタネ(菜種)、赤種

英名

Rapeseed, Chinese colza

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

実際にはアブラナ属の花はどれも黄色で似通っていることから、すべて「菜の花」と呼ばれる傾向がある。

植物油の原料として栽培されているのは、ほとんどが別種のセイヨウアブラナ(西洋油菜、学名:B. napus)であり、在来種のアブラナは野菜として生産され、開花前に収穫されてしまう事が多い。

植物油の採取用に栽培されたのは江戸期からで、これは菜種油:菜の種から採った油という名からも伺える。また、一般にアブラナ属植物の種子からは油が採取でき、カラシナやカブも利用されている。

丈夫で育てやすく、広く栽培されたなじみ深い作物だった。また、菜種畑は明るい黄色が畑を覆う「菜の花畑」として春の風物詩とされ、歌や文学作品の題材となるが、明治時代以降はセイヨウアブラナに置き換わっている。

種子の含油量40%、比重0.9、搾り取った菜種油は食用油、灯火、潤滑油の原料となる。精製したものは「白絞油(しらしめゆ)」または「水晶油」。近年の菜種油は、成分育種が進んでおり、有害なエルカ酸(エルシン酸とも)を含まないエルシン酸フリー品種が主流である。キャノーラ品種とはエルシン酸フリー及び低グルコシノレートの特性を持つ品種であり、エルシン酸フリーのみの品種はキャノーラ品種とは呼ばれない。

「油粕」と言えば「菜種油粕」を指すほど、菜種の絞り粕はよい肥料にもなった。成分は窒素約5%、五酸化リン約2.5%。大豆と違って飼料にされなかったのは、エルカ酸でなく主にグルコシノレートを含んでいたため。

市場では、菜の花の蕾の時期の若い芽の部分だけをまとめたタイプ(はなな)のほかに、掻き取った脇芽を平たく袋詰めにしたタイプ(なばな)が主流となっており、後者の産地としては三重県桑名市長島町の栽培面積が170ha(2007年現在)と全国一で、「なばな発祥の地」と呼ばれている。

これは、従来から栽培していた食用選抜したセイヨウアブラナを、1990年頃から「三重なばな」の名で販売戦略を進めたもので、ブランド野菜の成功例として有名。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月