日付 今日の花 花言葉
7 オタフクナンテン(お多福南天・ゴシキナンテン・五色南天)オタフクナンテン(お多福南天)

私の愛は増すばかり

この誕生花の人の性格は?
人前で意見を述べるのが苦手。気が小さくあがり症です。でも実力のある人なので、今後人前に立つ機会が増えてきます。あまり苦にせず、積極的に参加することです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

オタフクナンテン(お多福南天・ゴシキナンテン・五色南天)

誕生花の事典
学術的説明
オタフクナンテンはBarberry(Berberidaceae)科の吸根性低木であり、”天の竹”とか”神聖な竹”として一般的に知られている。1属1種である。 ヒマラヤ山脈の東から日本までの東アジアに自生している。
和名

オタフクナンテン(お多福南天)、ゴシキナンテン(五色南天)

英名

Heavenly bamboo, Sacred bamboo

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

オタフクナンテンは、その英名にもかかわらず、全く”竹”ではない。通常は枝状には分かれていない幹が根から多数生えている、2mほどの直立した低木である。 葉は常緑(寒い地域では落葉することもあるが)で、それぞれの小葉の長さが4-11cm、幅1.5-3cmで、2~3枚の複葉で構成されており、全体的には50-100cmほどである。 春には若葉が緑色になる前に、ピンク色~赤色へと明るく色付く。古い葉は落葉する前には、再び赤色や紫色になる。 花は初夏の頃に、群葉の頂上で円錐状に集まって、白色に咲く。果実は、直径が5-10mmほどの明るい赤色をした実で、晩秋に熟して、冬の間はしばらくは実を付けたままである。植物の全部分が毒性のある青酸を含んでおり、摂取するならば致命的な状態に陥るだろう。 また実に関しては、nantenineなどのアルカロイドを含んでいる。(nantenineはMDMAの解毒剤として科学的研究に利用されている)。 鳥は、この毒素には影響を受けないので、糞を通して種子を分散することになる。

オタフクナンテンは観賞植物として庭で育てられており、人気がある。特に日本で大変人気があり、60種以上の栽培品種が命名された。

ナンテンは手間のかからない植物で、まったく剪定する必要がない。生け花か、休日の最大の呼び物としての利用のために葉っぱを使うことになっていないならば、であるが。また、鳥が晩冬に実を食べてくれるので、実を採取する必要がない。春には容易に若い芽の茎を手で切ることができる。 オタフクナンテン自体が自然と毒性化合物を含有しているため、ウサギや鹿などの食害を防ぐ目的で一般に使用される。

Nandina domestica commonly known as heavenly bamboo or sacred bamboo, is a suckering shrub in the Barberry family, Berberidaceae. It is a monotypic genus, with this species as its only member. It is native to eastern Asia from the Himalaya east to Japan.

Despite the common name, it is not a bamboo at all. It is an erect shrub growing to 2 m tall, with numerous, usually unbranched stems growing from the roots. The leaves are evergreen (sometimes deciduous in colder areas), 50-100 cm long, bi- to tri-pinnately compound, with the individual leaflets 4-11 cm long and 1.5-3 cm broad. The young leaves in spring are brightly coloured pink to red before turning green; old leaves turn red or purple again before falling. The flowers are white, borne in early summer in conical clusters held well above the foliage. The fruit is a bright red berry 5-10 mm diameter, ripening in late autumn and often persisting through the winter. All parts of the plant are poisonous containing hydrocyanic acid, and can be fatal if ingested. The berries also contain alkaloids such as nantenine, which is used in scientific research as an antidote to MDMA. Birds are not affected by these toxins and will disperse the seeds through their droppings.

It is widely grown in gardens as an ornamental plant; over 60 cultivars have been named in Japan, where the species is particularly popular.

Nandina can be grown in USDA hardiness zones 4-10. Nandina can take heat and cold, from 110 °F/43 °C to 10 °F/-12 °C. It grows well in full sun to partial shade and requires moderate to low water. Avoid reflected sunlight in hotter climates.

A true low care plant, nandina needs no pruning ever, unless it is to harvest some leaves for use in a flower arrangement or berries for a holiday centerpiece. You can also leave the berries on the plants for birds to harvest in late winter. Spent berry stalks can easily be snapped off by hand in spring. Due to the naturally occurring phytochemicals this plant is commonly used in rabbit, deer, and javalina resistant landscape plantings.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月