日付 今日の花 花言葉
15 ヒナギク(ひなぎく・雛菊・デイジー・長命菊・延命菊)ヒナギク(ひなぎく・雛菊・デージー)

乙女の無邪気、無意識

この誕生花の人の性格は?
胸の奥底につらい体験をしまいこんでいる人。明るく振舞っても、どことなく寂しげに見えるのはそのせい。ひとりでこれまで耐えてきた気概の持ち主なのですから、これからはもっと自信を持って自分を評価して!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ヒナギク(ひなぎく・雛菊・デイジー・長命菊・延命菊)

誕生花の事典
学術的説明
ヒナギク(雛菊、学名 Bellis perennis)とは、キク科の多年草(日本では一年草扱い。)。別名はデージー、デイジー、チョウメイギク(長命菊)、エンメイギク(延命菊)。園芸植物として栽培される。イタリアの国花。
和名

ヒナギク(雛菊)、チョウメイギク(長命菊)、エンメイギク(延命菊)

英名

Daisy

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

原産地はヨーロッパで、原種は芝生の雑草扱いされている。日本には明治時代初期に渡来した。

多年草であり、学名の種名 perennis も「多年生の」という意味であるが、日本では夏が暑くて越夏できないことが多い。このため、通常は秋蒔きの一年草として扱う。寒冷地で越夏できるようであれば、株分けで繁殖させることができる。開花期は春で、舌状花が平弁咲きのものと管弁咲きの種類がある。

草丈は10~20cmくらい。葉は根生葉(ロゼット)で、長さ5cmくらいのへら形で鋸歯があり、薄く毛が生えている。花は、市販品は11月頃から店頭に出回るが、露地で栽培した場合は3月から5月に咲き、花径は2cmくらいの小輪多花性種から、10cm近い大輪種まである。半八重または八重咲きで、舌状花は平弁のものと管弁のものがある。花の色は赤・白・ピンクと絞りがあり、黄色い管状花とのコントラストが美しい。

種苗会社のカタログは5月末頃に出るので、すぐに注文するとタネは7月初めには届く。すぐに冷蔵庫に入れておき、お盆の頃にまくと、年内に開花させることができる。タネは細かいので、浅鉢に巻き、覆土はせずに、受け皿から吸水させる。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月