日付 今日の花 花言葉
22 アフェランドラ(ダニア・キンヨウボク・金葉木)アフェランドラ(ダニア・金葉木)

雄々しい

この誕生花の人の性格は?
闘争心の強い性格。相手と互角にわたりあう営業、外交のような職種がむいています。勝負カンがあり、ギャンブルに強いのも特徴のひとつです。恋愛では意外と臆病で、迫られると逃げ腰になってしまうかも。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

アフェランドラ(ダニア・キンヨウボク・金葉木)

誕生花の事典
学術的説明
アフェランドラはAcanthaceae科の顕花植物、約170種の属名である。アメリカ大陸の熱帯地域に自生している。
和名

ダニア、キンヨウボク(金葉木)

英名

Zebra plant, Saffron spike aphelandra

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

アフェランドラは高さ1~2mほどの常緑の低木で、白い葉脈の入った5~30cmほどの単葉が向かい合わせに生えている。 花は明るく色づいたされた包葉で、幾重にも棘状になっている。

それらの特徴を親しまれて、数種類のアフェランドラが鉢植えとして栽培されている。

Aphelandra squarrosa(一般的には、あいまいにではあるが「ゼブラ・プラント」と呼ばれている)はAcanthaceae科ので1種ある。アフェランドラ・スクアローサは、ブラジルの大西洋沿岸の熱帯雨林に自生している。この植物は鉢植えとしてよく栽培される。アフェランドラ・スクアローサ・ダニアは、Flora Brasiliensisでカール・フリードリヒ・フィリップ・フォン・マルツィウスによって命名された。

ダリアは、太陽光の直射は苦手ではあるが、日なたを好む。しょっちゅう開花するわけではないが、長日条件下のもとで開花する周期を持っている。 また、湿気にも非常に敏感である。水分が多くても少なくても、下葉が褐色になって落葉するだろう。湿気が多いのを好むが、濡らされるのは嫌いである。 一度に大量の水を与えるよりも、少量の水を平均的に与えられることが求められる。

Aphelandra is a genus of about 170 species of flowering plants in the family Acanthaceae, native to tropical regions of the Americas.

They are evergreen shrubs growing to 1-2 m tall, with opposite, simple leaves 5-30 cm long, often with white veins. The flowers are produced in dense spikes, with brightly coloured bracts.

Several species are grown as houseplants for their patterned leaves and brightly coloured inflorescences.

Aphelandra squarrosa (commonly but ambiguously called "zebra plant") is a plant species in the family Acanthaceae, which is native to Atlantic Forest vegetation of Brazil. This plant is often used as a house plant. This plant is cited in Flora Brasiliensis by Carl Friedrich Philipp von Martius.

This plant likes lots of light, but not direct. It does not bloom often, but it can be encouraged to bloom by prolonged daily exposure to light. It is also very sensitive to moisture content; too much or too little water will cause the lower leaves to brown and fall off. It likes to be kept moist but not wet. On average needs small amounts of water often rather than a thorough watering once in a while.

The plant flourishes when the temperature is in the range of 65-70F; and will suffer if the temperature drops below 60F for a prolonged period.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月