日付 今日の花 花言葉
8 ハハコグサ(ははこぐさ・母子草・ごぎょう・御形)ハハコグサ(ははこぐさ・母子草)

温かい気持ち

この誕生花の人の性格は?
内気でおとなしい性格。自分にいまひとつ自信がないのであまり人前に出ようとしません。でもそんなシャイな貴方を好ましく思い、守ってあげたいと思っている人がいます。好意をかけられたら、素直に受けましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ハハコグサ(ははこぐさ・母子草・ごぎょう・御形)

誕生花の事典
学術的説明
ハハコグサ(母子草、Gnaphalium affine )とは、キク科ハハコグサ属の越年草である。春の七草の一つ、「御形(オギョウあるいはゴギョウ)」でもあり、茎葉の若いものを食用にする。
和名

ハハコグサ(母子草)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

人里の道端などに普通に見られ、冬の水田にもよく出現する。冬は根出葉がややロゼットの状態で育ち、春になると茎を伸ばして花をつける。成長した際の高さは10~30cm。葉と茎には白い綿毛を生やす。花期は4~6月で、茎の先端に頭状花序の黄色の花を多数つける。

日本全国に見られるが、古い時代に朝鮮から伝わったものとも言われる。国外では中国からインドシナ、マレーシア、インドにまで分布する。

ハハコグサの全草を採取し細かく裁断して日干しし、お茶にする。咳止めや内臓などに良い健康茶ができる。これには鼠麹草(そきくそう)という生薬名があるが、伝統的な漢方方剤では使わない。

かつては草餅に用いられていた草であった。しかし、「母と子を臼と杵でつくのは縁起が良くない」として、平安時代ごろから蓬に代わったともされているが、実際には、出羽国秋田や丹後国峯山など、地方によっては19世紀でも草餅の材料として用いられている。もっとも、古名はオギョウ、またはホウコである。新芽がやや這うことから「這う子」からなまったのではとの説もある。

ハハコグサ属は日本では5種ほど、それに若干の新しい帰化種が加わる。その中でアキノハハコグサ (G. hypoleum DC.) はハハコグサに似るが、夏以降に花をつけることと、ハハコグサの花茎が先端近くでだけ分枝するのに対して、アキノハハコグサでは中程からもよく分枝する点で区別される。本州から九州の山地に生える。

チチコグサというのもある。ハハコグサに似るが、色気が少ない。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月