日付 今日の花 花言葉
13 カトレヤ(カトレア)カトレヤ(カトレア)

あなたは美しい、成熟した魅力

この誕生花の人の性格は?
華やかな恋のうわさを立てられやすい人。たとえその気がなくても、周囲がほうっておきません。あなた自身はお金や権力、名声よりも、愛情を大切にする性格です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

カトレヤ(カトレア)

誕生花の事典
学術的説明
カトレヤ(カトレアとも。Cattleya)とは中南米原産のラン科植物の1つの属、あるいはその近縁属との交配品種を含む1群の植物である。美しい花を咲かせることからよく栽培され、最も有名な洋ランである。洋ランの女王とも言われる。
和名

カトレヤ

英名

Cattleya

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

中南米のコロンビア、ベネズエラ、ブラジル、エクアドルなどに分布し、特にアンデス山脈などの標高100m~1500m程度の森林地帯に産する。着生植物であり、木の樹皮に付着して生活する。現在では多くの交配種があり、栽培されている。非常に大輪で派手な花であり言わば洋ランの代名詞として扱われ、切り花としては華麗さと高級感を演出する。名前はこの属の最初の収集者で最初に栽培で花を咲かせた William Cattleyにちなみ、属の名前として献名されたものである。もともと彼が南米から送ってもらった植物の梱包材として使われていたこの着生植物に興味を持ち、栽培してみたところ予想もしなかった見事な花をつけたため、イギリスの著名な植物学者John Lindleyが記載して献名したという逸話が伝わっている。

カトレアを国花としている国はコスタリカである。

花は偽球茎の先端から出て1~数輪つく。外花被はやや細い楕円形、側弁は幅広い楕円形、唇弁の基部は蘂柱を包むように両端が上に曲がって筒状になり、先の方では卵形に広がり、周囲はひだになってうねり、中央は濃く色づくものが多い。花びらは大きく開き、正面を向く。色は白からピンク系のものが多く、非常に華やかで美しい。

発見の当初よりその美しさのためによく栽培され、また、新たな種の発見に努めるものも多かった。現在では野生種は40種ばかり知られている。それらを元にした品種改良も行われ、多くの交配品種がある。近縁の属であるレリア(Laelia)・ブラッサボラ(Brassavola)・ソフロニティス(Sophronitis)との間でも交配が行われている。これらの属とカトレヤを含む4属の間では属間交配による雑種も稔性を持つものが多く、3属間雑種や4属間雑種も作られている。それらはカトレヤの花の色や形の範囲を広げることを目指して行われ、一般にはすべてカトレアと認識されている。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月