日付 今日の花 花言葉
17 ギボウシ(ぎぼうし・擬宝珠・ウルイ・うるい)ギボウシ(ぎぼうし・擬宝珠・うるい)

沈静

この誕生花の人の性格は?
受け身の性格で、タナボタ式の幸運を持っている虫のいい面があります。待つだけでは決して幸せになれません。自分を磨くこと、努力を重ねることが必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ギボウシ(ぎぼうし・擬宝珠・ウルイ・うるい)

誕生花の事典
学術的説明
ギボウシ(擬宝珠)とはユリ科(APG植物分類体系ではリュウゼツラン科に入れる)の多年草、ギボウシ属(Hosta)の総称である。山間の湿地などに自生し、また花が美しく日陰でもよく育つため栽培される。花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」。
和名

ギボウシ(擬宝珠)

英名

Hosta, Plantain lily

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

東アジア原産で40種ほどがあるが、種間雑種ができやすく(特に栽培品種には多い)分類には諸説ある。江戸時代の日本で変異個体が多数園芸品種として固定され、さらにこれがシーボルトらによってヨーロッパに紹介されてヨーロッパでも多くの品種が育成された。葉は幅広く根元から出る。夏に総状花序に青(白の品種もある)の細長い花をつけ、マルハナバチなど大型のハナバチの訪花によって受粉される。果実は朔果で3裂するが、栽培品種には結実しないものもある。日本にはオオバギボウシ(H. montanaまたはH. sieboldiana var. gigantea)など20種ほどが野生し、これらはウルイの名で山菜としても利用される。ただし若葉が毒草のバイケイソウに似ており誤食事故が多いので注意を要する。スジギボウシ(H. undulata)やその他雑種などが栽培される。

ギボウシの名はつぼみ、または包葉に包まれた若い花序が擬宝珠に似ることから付けられたという。英語名Plantain lilyは「オオバコユリ」の意味で葉がオオバコに似ることから。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月