日付 今日の花 花言葉
31 ヤナギラン(やなぎらん・柳蘭)ヤナギラン(やなぎらん・柳蘭)

集中する、焦点

この誕生花の人の性格は?
モラリストで生活態度はいたってまじめ。草花を育てたり、野山を歩いて自然に接することに心の安らぎを得ます。信仰に生きがいを見いだす人も多いようです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ヤナギラン(やなぎらん・柳蘭)

誕生花の事典
学術的説明
Epilobium(ヤナギラン属)は、世界中に分布している約160~200種の顕花植物で構成されているOnagraceae科の1属である。一般的には北極・亜北極圏にたくさん見られるが、熱帯・亜熱帯地域では気温の低い山岳の生物群系に限られる。例えば、ニューギニア高地などによく自生している。
和名

ヤナギラン(柳蘭)

英名

Fireweeds

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

植物学者の間では分類学上、この属の判別は異なっていたが、現代の傾向では"Epilobium"属の中に、以前まで認識されていた"Boisduvalia"属、"Chamaenerion"属、"Chamerion"属、"Pyrogennema"属、および"Zauschneria"属が含まれている。しかし、例えば手広くヤナギソウを研究しているPeter H. Ravenは、"Chamerion"を"Epilobium"に統合せずに、単独の1属とすべきである、と提唱している。Fringed Willowherb(E.ciliatum)は、様々な種が入り組んだ複合体になると考えられている。また、おそらくはこれらの植物は通常、同属の種と交配されている。

ほとんどの種が、通称「ヤナギソウ」として知られている。 特に"Boisduvalia"属として1属を形成していたものは、"spike-primroses"や"boisduvalias"と呼ばれている。他方、かつて"Chamerion"属として知られていたものは、"fireweeds"と呼ばれている。

"Epilobium"属の大半は、一年性または多年性の草本の植物である。半低木のものも少しある。葉は、だいたいが向かい合わせの輪生であるが、いくつかの種は単純に、卵形から槍状の形をとっている。花には4つの花弁がある。通常、ほとんどの種では小さめでピンク色をしているが、ある種では赤やオレンジや黄色をしている。"Chamerion"属のグループでは、大きくて明るいマゼンタ色をしている。果実は、種子がたくさん入った細長い円筒形のカプセルになっている。種子は、風によって効果的に拡散させるために、軟質のすべすべとした綿毛を持っている。

Epilobium is a genus in the family Onagraceae, containing about 160-200 species of flowering plants with a worldwide distribution. They are generally abundant in the subarctic, temperate and subantarctic regions, whereas in the subtropics and tropics they are restricted to the cool montane biomes, such as the New Guinea Highlands where they are plentiful.

The taxonomy of the genus has varied between different botanists, but the modern trend is to include the previously-recognised genera Boisduvalia, Chamaenerion, Chamerion, Pyrogennema and Zauschneria within Epilobium. Chamerion might be distinct however, as advocated for example by Peter H. Raven who has extensively studied the willowherbs and does on the other hand merge the other segregate genera into Epilobium. Fringed Willowherb (E. ciliatum) is suspected to be a cryptic species complex; apparently these plants also commonly hybridize with their congeners.

Most species are known by the common name willowherbs; in particular those that were once separated in Boisduvalia are called spike-primroses or boisduvalias. Yet other species, namely ones that are placed in the Chamerion group, are known as "fireweeds".

They are mostly herbaceous plants, either annual or perennial; a few are subshrubs. The leaves are mostly opposite or whorled, alternate in a few species, simple, and ovate to lanceolate in shape. The flowers have four petals. These are usually smallish and pink in most species, but red, orange or yellow in a few, and large and bright magenta in the Chamerion group. The fruit is a slender cylindrical capsule containing numerous seeds embedded in fine, soft silky fluff which disperses the seeds very effectively in the wind.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月