日付 今日の花 花言葉
1 テンナンショウ(てんなんしょう・天南星・ウラシマソウ)テンナンショウ(天南星)

壮大な美

この誕生花の人の性格は?
気のいいのんびり屋さん。「アリとキリギリス」のキリギリスタイプです。もう少し先々のことを考えないと、やがて泣きを見る事があるかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

テンナンショウ(てんなんしょう・天南星・ウラシマソウ)

誕生花の事典
学術的説明
マーガレットは、キク科の半耐寒性多年草。テンナンショウ属 (Arisaema) は、被子植物単子葉類サトイモ科に属する植物。有毒なものがある。
和名

テンナンショウ(天南星)、ウラシマソウ

英名

Cobra lily, Jack-in-the-Pulpit

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

テンナンショウは天南星の意で、この中の1種で日本列島から朝鮮半島にかけて分布する Arisaema serratum (Thunb.) Schott のこと、あるいはこの類の球茎の漢方生薬名である。

湿潤な熱帯や温帯に見られ、東アジア、東南アジア、北米、メキシコ、アフリカ東部などに分布する。世界で約150種があり、日本では約30種ほどが見られる。

多年草で球根(球茎・塊茎)を持つ。葉は複葉で1~2枚着き、葉柄の根元は葉鞘となって筒状に重なり、一見茎のように見えるため偽茎と呼ばれる。小葉は種によって3枚から20数枚が鳥趾状や掌状につく。葉柄の上に花柄を延ばし、仏炎苞を付ける。仏炎苞が葉よりも高く伸びるか低いかは種による。

ムサシアブミなど一部を除き、多くは雌雄異株であるが、栄養状態によって性転換することが知られている。春に咲く花にはサトイモ科の特徴である肉穂花序と仏炎苞を持つが、仏炎苞の形状が特徴的で様々なものがあり、森の木陰に咲く紫色の仏炎苞は不気味な印象を与えるものもある。この仏炎苞は肉穂花序をぐるりと一周してラッパ状になるものが多い。肉穂花序の上部は様々な形の付属体となり、付属体の下端はスカート状になって仏炎苞の内面との間に狭い隙間を形成する。花序の花がつく部分では仏炎苞との間に隙間があって、付属体の下部に上をふさがれた部屋を形成している。この花にはキノコバエ科やノミバエ科などの小昆虫が誘引され、付属体と仏炎苞の間の隙間を通過して花の周囲の部屋に閉じ込められる。雄花ではこの部屋の下部に雄しべから出た花粉が溜まっており、閉じ込められた小昆虫は花粉まみれになる。雄花の仏縁苞の合わせ目の下端には小さな孔状の隙間があって、花粉をつけた小昆虫はここから脱出する。雌花ではこの穴がないため、閉じ込められた小昆虫は外に出られず、いずれ死亡する。この雌花に閉じ込められた小昆虫の中に花粉を体につけて雄花を脱出してきたものがいたときに受粉が成立する。

秋に仏炎苞は枯れて朱色や赤の熟した果実が目立つようになる。果実はトウモロコシのように軸の周りに集合してつく液果で赤く、種子を 0~数個ずつ持つ。種子散布は鳥類に摂食されるか、その場に倒伏することにより行われる。

球茎の細胞にはシュウ酸カルシウムの針状結晶などをもち有毒で、そのまま食べると口の中が痛くなって腫れあがるが、デンプンなどの栄養素を多く含むため、アイヌや伊豆諸島の古い食文化やヒマラヤ東部の照葉樹林帯ではシュウ酸カルシウム結晶の刺激を避けて食べる工夫がされてきた。例えばアイヌの食文化ではコウライテンナンショウの球茎の上部の毒の多い黄色の部分を取り除き、蒸したり炉の灰の中で蒸し焼きにしたりして刺激を弱めて食用にし、伊豆諸島三宅島では古くはシマテンナンショウの球茎を蒸し煮にして団子にしたものをなるべく咬まずに丸呑みして、刺激を避けて食べたと伝えられている。

また、球茎を漢方の生薬、「天南星」としても利用する。

目立つ花色のムサシアブミやユキモチソウは山野草として栽培されることもある。

ウラシマソウ(学名 Arisaema urashima)は、サトイモ科テンナンショウ属の宿根性の多年草。ナンゴクウラシマソウ (Arisaema thunbergii Blume)の亜種 Arisaema thunbergii urashima (Hara) Ohashi et J. Murata とする説もある。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月