日付 今日の花 花言葉
8 デイゴ(でいご・梯梧・エリスリナ)デイゴ(でいご・梯梧・エリスリナ)

愛夢、童心

この誕生花の人の性格は?
他人からかなりのやり手と思われています。でも仕事以外のところではけっこう失敗も多いかも。すべったりころんだりで、けがもよくします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

デイゴ(でいご・梯梧・エリスリナ)

誕生花の事典
学術的説明
デイゴ(梯梧、Erythrina variegata)はマメ科の落葉高木。インド原産。春から初夏にかけて咲く赤い花が有名。沖縄県の県花でもある。デイコ、エリスリナともいう。
和名

デイゴ(梯梧)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

海紅豆(かいこうず)が別名とされることが多いが、これは別種のアメリカデイゴ(鹿児島県の県木)のこと。

落葉性とはいっても、冬に全木が落葉することはあまりなく、花が咲く枝が落葉する傾向がある。花は枝先に穂状に出る。葉は大きな幅の広い葉を3 枚つける三出複葉で、クズの葉に似ている。

木は太くなる。あまり高くならず、横に枝を張る傾向がある。公園や街路樹としてよく栽培されるが、根本や根からも芽が出るので、人家の庭に植えられることは少ない。材は柔らかく、加工しやすいため、漆器材料として使われる。

琉球大学で学生が配っている合格電報の文面は”デイゴ咲く”。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月