日付 今日の花 花言葉
17 リアトリス(ゆりあざみ・百合薊・きりんぎく・麒麟菊)リアトリス(百合薊・麒麟菊)

燃える想い

この誕生花の人の性格は?
明るいので、悩みなんて無関係と思われがち。でも本当は傷つきやすく、つらかった思い出をなかなか忘れることができません。過去を長く引きずるタイプです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

リアトリス(ゆりあざみ・百合薊・きりんぎく・麒麟菊)

誕生花の事典
学術的説明
リアトリス(通称: Blazing-star、Gay-feather、Button snakeroot)は、Asteraceae(キク科)の観賞植物の1属である。北アメリカ、メキシコ、およびバハマに自生している。夏の花々として花束を作るときによく利用され、人気がある。多年草で、球茎の形で冬を越す。
和名

ユリアザミ(百合薊)、キリンギク(麒麟菊)

英名

Blazing-star, Gay-feather, Button snakeroot

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

aster(シオン属)のEupatorieae(ヒヨドリバナ連)に、リアトリス種がある。このヒヨドリバナ連の他の種のように、リアトリスの頭状花は円形の小筒花状をしており、放射花は持っていない。リアトリスは、例えば、”Trilisa”と”Carphephorus”に関係する”Liatrinae”亜族に所属する。 リアトリスは、フロリダ産の”Garberia”によく間違われるが、”Garberia”は低木であり、異なった核型を持っているので区別できる。

Liatris ( common names: Blazing-star, Gay-feather or Button snakeroot) is a genus of ornamental plants in the Asteraceae family, native to North America, Mexico, and the Bahamas. These plants are used as a popular summer flowers for bouquets.

They are perennials, surviving the winter in the form of corms.

Liatris species are used as food plants by the larvae of some Lepidoptera species including Schinia gloriosa, Schinia sanguinea (both of which feed exclusively on the genus), Schinia tertia and Schinia trifascia.

Liatris is in the tribe Eupatorieae of the aster family. Like other members of this tribe, the flower heads have disc florets and no ray florets. Liatris is in the subtribe Liatrinae along with, for example, Trilisa and Carphephorus. Liatris is closely related to Garberia from Florida, but can be distinguished because the latter is a shrub and has a different karyotype.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月