日付 今日の花 花言葉
18 オモダカ(おもだか・面高・沢瀉)オモダカ(おもだか・面高・沢瀉)

高潔

この誕生花の人の性格は?
人の目なんか気にせず目的にむかってまっしぐら、思うがままに行動するタイプ。こうした行動は自分に自信を持っているから。事実、一目おかれる実力の持ち主です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

オモダカ(おもだか・面高・沢瀉)

誕生花の事典
学術的説明
オモダカ(Sagittaria trifolia L.)は、オモダカ科オモダカ属の水生植物である。ハナグワイ、サンカクグサ、イモグサ、オトゲナシなど多くの別名がある。
和名

オモダカ(面高・沢瀉)

英名

Arrowhead

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

オモダカの語源ははっきりとはしておらず、人の顔に似た葉を高く伸ばしている様子を指して「面高」とされたとも、中国語で湿地を意味する涵澤(オムダク)からとられたとも言われる。

アジアと東ヨーロッパの温帯域から熱帯域に広く分布し、日本でも各地で見られる。水田や湿地、ため池などに生息している。

春に、種子と塊茎から発芽する。発生初期は線形の葉をつけるが、生長が進むと矢尻形をした葉をつける。長さは最大で60cmほどになるが、葉の形態は種内変異に富む。花は単生花で、雌雄同株、白い花弁を3枚つける。楕円形の種子には翼をもつ。また種子のほかに、地中に伸ばした地下茎の先に塊茎をつけ、それによって繁殖する。染色体数は2n=22。

同じオモダカ属のアギナシとよく似ているが、アギナシは根元に粒状のむかごを多数形成する一方で、オモダカは塊茎しかつくらないため、草体を引き抜けば区別できる。また、アギナシの花は葉より高い位置につくという特徴もある。

そのほか、オモダカでは矢尻型の葉の先が尖るのに対して、アギナシでは先が丸みを帯びるという点も異なるが、葉の形態には変異が大きく決め手とはなりがたい。また、アギナシは「顎無し」の名の通り、矢尻型でないヘラ状の葉をつけることも多いが、同様の葉はオモダカでも見られるため、ヘラ状の葉の有無では区別できない。

オモダカは観賞用に栽培されることもあるが、通常利用されることは少ない。前述のように種子のほかに塊茎でも繁殖するため、難防除性の水田雑草として扱われることもある。ただし、オモダカの栽培変種であるクワイは、塊茎が肥大化して食用となるため栽培され、おせち料理などに利用される。クワイはその外形から「芽が出る」ことを連想させるため、縁起物として扱われる。

日本では、武家などの家紋としてオモダカの葉を意匠に用いたものがある。また、慶事用の切手(90円)にも、ツルと共にオモダカの文様が使用されている。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月