日付 今日の花 花言葉
22 ワスレグサ(わすれぐさ・忘れ草・カンゾウ・萱草)ワスレグサ(忘れ草・カンゾウ)

悲しみを忘れる

この誕生花の人の性格は?
人がアッと驚くような発想をし、ユニークで斬新なアイデアをどんどん生み出します。それなのに、恋愛面ではとても不器用。自分の内面にもっと目を向けて。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ワスレグサ(わすれぐさ・忘れ草・カンゾウ・萱草)

誕生花の事典
学術的説明
ワスレグサは、ユリ科ワスレグサ属の多年草を指す。
和名

ワスレグサ(忘れ草)、ワスルルクサ(忘るる草)、カンゾウ(萱草)

英名

Orange Daylily, Tawny Daylily, Tiger Daylily, Ditch Daylily

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

ワスレグサ(忘れ草)は、花が一日限りで終わると考えられたため、英語ではDaylily、独語でもTaglilieと呼ばれる。実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い。中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。 広義には、ユリ科ワスレグサ属(別名キスゲ属、ヘメロカリス属)のことを指し、その場合は、ニッコウキスゲなどゼンテイカもユウスゲもワスレグサに含まれる。また長崎の男女群島に自生するトウカンゾウなどもワスレグサと呼ばれる。

ムラサキ科のワスレナグサとは無関係である。

若葉は、おひたしにして、酢味噌で食べる。花の蕾は食用され、乾燥させて保存食(乾物)とする。中華料理では、主に「金針菜」(チンチェンツァイ )、「黄花菜」(ホワンホアツァイ)と称する花のつぼみの乾燥品を用い、水で戻して、スープの具にすることが多い。

根は生薬としても使われる。

和歌では、夏の季語、および悲しいこと(忘れたいこと)があった心境を表す言葉として詠まれる。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月