日付 今日の花 花言葉
4 アザレア(西洋ツツジ・オランダツツジ)アザレア(セイヨウツツジ)

節制、愛の喜び

この誕生花の人の性格は?
年よりも幼く見られがちの、明るく無邪気な性格。ただ、無邪気なあまり、知らず知らずのうちに人を傷つけることもあります。年齢相応の分別も忘れないこと。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

アザレア(西洋ツツジ・オランダツツジ)

誕生花の事典
学術的説明
アザレア (Azelea, Rhoddendron simsii cv) は、ツツジ科ツツジ属に分類されるツツジ。別名を「西洋ツツジ」、「オランダツツジ」などと言う。
和名

セイヨウツツジ(西洋ツツジ)

英名

Azelea

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

アザレア (Azelea, Rhoddendron simsii cv) は、ツツジ科ツツジ属に分類されるツツジ。別名を「西洋ツツジ」、「オランダツツジ」などと言う。

もともと台湾のタイワンツツジがベルギーのプラントハンターによってベルギーにもたらされ、改良されて逆輸入されたものがこのアザレアである。

常緑性の低木で、葉は厚みを持ち、毛がある。形は倒披針形で両端が尖る(先端ははっきりとは尖らない)。花は5弁の合弁花で、花色はピンク・赤などさまざまで八重咲きも多い。開花は春(4~5 月頃)。11月頃から2月頃と、冬に咲くこともある。寒さに弱い(半耐寒性)。ただし少なくとも近畿地方の平野部では屋外で越冬する。挿し木で殖やすことが出来る。

蜜をも含む植物体全体に、他のツツジ科植物と同様グラヤノトキシンとロードヤポニンを含み有毒。中毒症状は嘔吐・痙攣などだが、重症では昏睡に至る事もある。

アザレアは川崎市の市花になっている。

日本での主な生産地は新潟県などで品種改良も盛ん。鉢植えとして冬頃に出回る。冷蔵処理をされているため、5月であるはずの本来の開花期とは違う時期に開花株が出回る。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月