日付 今日の花 花言葉
15 サンタンカ(さんたんか・山丹花)サンタンカ(さんたんか・山丹花)

謹厳、張り切る

この誕生花の人の性格は?
情熱家で、愛情を求める気持ちが激しい人。愛は享受するだけでなく、相手に与えいつくしむことも欠かせません。もっと大人の愛し方を学んでいく事をおすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

サンタンカ(さんたんか・山丹花)

誕生花の事典
学術的説明
イクソラ(サンタンカ)属は、熱帯の常緑樹と低木から成るRubiaceae(アカネ)科のうち、529種をまとめる1属である。世界中の熱帯・亜熱帯地域に自生している。その中心勢力域は熱帯アジア、特にインドである。
和名

サンタンカ(山丹花)

英名

West Indian Jasmine

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

現在ではIxora(サンタンカ属)は、アメリカの亜熱帯性気候(例えばフロリダなど)でも普通に生息しているのが確認される。また、イクソラは通称「West Indian Jasmine」としても知られている。他には、rangan、kheme、ponna、chann tanea、techi、pan、santan、jarum-jarum、Jungle flame、Jungle geranium、その他多くの呼び名がある。イクソラは、3~6インチほどの長さの革のような葉をしており、夏には小さい花が集まった大きい花塊を咲かせる。Ixoraの種属は酸性の土壌を好むため、盆栽にするには適切な環境作りが必要である。

赤いイクソラの花は、ヒンズー教の崇拝、およびインドの民間療法によく利用される。

また、東南アジア地域(例えばタイなど)では、イクソラは生垣として人気がある。熱帯性気候では一年中、花を咲かせる。

Ixora is a genus of 529 species in the family Rubiaceae, consisting of tropical evergreen trees and shrubs. Though native to the tropical and subtropical areas throughout the world, its centre of diversity is in tropical areas in Asia, especially India, Ixora now grows commonly in subtropical climates in the United States, such as Florida. Ixora is also commonly known as West Indian Jasmine. Other common names include: rangan, kheme, ponna, chann tanea, techi, pan, santan, jarum-jarum, Jungle flame, Jungle geranium, and many more. Plants possess leathery leaves, ranging from 3 to 6 inches in length, and produce large clusters of tiny flowers in the summer. Members of Ixora prefer acidic soil, and are suitable choices for bonsai.

Red ixora flowers are commonly used in Hindu worship, as well as in Indian folk medicine.

It is also a popular choice for hedges in parts of South East Asia, like in Thailand. In tropical climates they flower year round.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月