日付 今日の花 花言葉
21 マンサク(まんさく・満作・金縷梅)マンサク(まんさく・満作・金縷梅)

呪文、霊感

この誕生花の人の性格は?
知的で誇り高い性格。恋人や友人との付き合いにも、クォリティーの高さを求めます。そのため、「お高くとまっている」とみられることも。人への思いやりや心遣いを忘れないようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

マンサク(まんさく・満作・金縷梅)

誕生花の事典
学術的説明
マンサク(満作、金縷梅、Hamamelis japonica)はマンサク科の落葉小高木。日本各地の山林に多く自生するほか、花木として栽培もされる。
和名

マンサク(満作)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

葉は互生し、楕円形で波状の鋸歯がある。2~3月に葉に先駆けて花が咲く。花にはがく、花弁と雄蕊および仮雄蕊が4個ずつあり、雌蕊は2本の花柱を持つ。がくは赤褐色または緑色で円い。花弁は黄色で長さ1.5cmほどの細長いひも状になる。果実はさく果で2個の大きい種子を含む。

マンサクの語源は明らかでないが、早春に咲くことから「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれている。

マンサクは本州の太平洋側から九州に分布する。さらに亜種・変種として、本州中部以北のオオバマンサクsubsp. megalophylla、北海道南部から日本海側のマルバマンサクsubsp. obtusata、北陸地方のウラジロマルバマンサクvar. discolor、近畿・中部地方のウラジロマンサクvar. glauca、中国・四国地方のアテツマンサクvar. bitchuensisがある。花弁の赤い品種をアカバナマンサクf. incarnataという。

マンサク属は東アジアと北米に分布し、4種ほどに分けられている。中国原産のシナマンサクH. mollisと日本のマンサクとの雑種H. x intermediaには多くの園芸品種が作出され、よく栽培されている。

北米原産のアメリカマンサク(ハマメリス:H. virginiana)はマンサクによく似るが、花は秋に咲く。葉・樹皮のエキスは収斂薬や化粧水として古くから使われている。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月