日付 今日の花 花言葉
22 レンギョウ(れんぎょう・連翹・レンギョウウツギ)レンギョウ(れんぎょう・連翹)

希望

この誕生花の人の性格は?
恋に恋するタイプ。好きな人につくすのですが、やりすぎて「女房気どり」「亭主気どり」になり、いやがられたりします。恋愛には適度な距離が大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

レンギョウ(れんぎょう・連翹・レンギョウウツギ)

誕生花の事典
学術的説明
レンギョウ(連翹)とは、広義にはモクセイ科レンギョウ属の総称(それらから品種改良で作られた園芸品種をも含める)。狭義には、レンギョウ属の種の一つ、学名 Forsythia suspensaの和名を指す。一般には広義の意味で称されることが多い。季語は春である。
和名

レンギョウ(連翹)、レンギョウウツギ(連翹空木)

英名

Golden Bells, Golden bell flower

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

レンギョウ(学名 Forsythia suspensa)は中国原産の落葉性低木広葉樹。雌雄異株。別名、レンギョウウツギ(連翹空木)。古名は、いたちはぜ、いたちぐさ。中国名は黄寿丹。英名はゴールデンベル(Golden Bells , Golden bell flower)。

属名の Forsythia は、19世紀初頭にイギリスの王立植物園の監督官を務めた園芸家ウィリアム・フォーサイス(William A. Forsyth , 1737 - 1804年)に因み、種小名のsuspensa は枝が“垂れる”意味である。

繁殖力が旺盛で、よく繁る。樹高は1~3メートルまで育ち、半つる性の枝は湾曲して伸び下に垂れ、地面に接触すると、そこからも根を出し新しい株が出来る。枝は竹のような節を持つ。また、枝の髄が早期に消失するため、節の部分を除いて中空になる。(このことから“空の木”、レンギョウウツギ(連翹空木)という別名が付いた。この呼称は最初、本来の連翹(トモエソウ)との誤用に気付いた時、区別するために使われた。)

まだ葉が芽吹く前の早春(3~4月頃)、2~3センチの黄色い4弁の花が、細い枝に密に多数開く。その花が咲き終わる頃、入れ違うかのように今度は、緑色の葉(長さ3~10センチ、幅2~5センチの長卵型。葉先は鋭尖で、葉縁にまばらな鋸歯がある。)が対生に芽吹き、それが秋になると濃緑色、概憤色(くすんだ黄緑色)、紫色と順に変色し、最後に落葉する。付いた果実は漢方薬として用いられる。

1880年にドイツで作出されたレンギョウとシナレンギョウとを交配させたインテルメディア(学名:Forsythia x intermedia)が代表的で、スペクタビリス(Forsythia x intermedia‘spectabilis’)などの栽培品種がある。花は大輪で多花性。ヨーロッパで広く栽植されている。日本で流通している切花の多くはこの品種である

漢方医学では「連翹」と呼ばれ、解熱剤、消炎剤、利尿剤、排膿剤、腫瘍・皮膚病などの鎮痛薬に用いる。成分にトリテルペン、モノテルペングリコシド、リグナンを含み、強い抗菌作用がある。

成熟果実を一度蒸気を通したのち天日で乾燥し用いる。日本薬局方においては、レンギョウまたはシナレンギョウの果実を用いている。

4月2日は彫刻家・詩人の高村光太郎(1883年 - 1956年)の命日で、これを連翹忌とも呼ぶ。これは、高村が生前好んだ花がレンギョウであり、彼の告別式で棺の上にその一枝が置かれていたことに由来する。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月