日付 今日の花 花言葉
20 ハナショウブ(はなしょうぶ・花菖蒲)ハナショウブ(はなしょうぶ・花菖蒲)

優雅な心

この誕生花の人の性格は?
頭の回転が早く、物事をてきぱき片付ける有能な人。困った友人がよく相談を持ちかけたり、泣きついたりと、交友関係はなかなかにぎやかです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ハナショウブ(はなしょうぶ・花菖蒲)

誕生花の事典
学術的説明
ハナショウブ(花菖蒲、Iris ensata var. ensata)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。シノニムはI. ensata var. hortensis, I. kaempferi.
和名

ハナショウブ(花菖蒲)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

ハナショウブはノハナショウブ(学名I. ensata var. spontanea)の園芸種である。6月ごろに花を咲かせる。花の色は、白、ピンク、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれている。大別すると、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類でき、古典園芸植物でもあるが、昨今の改良で系統色が薄まっている。他にも原種の特徴を強く残す山形県長井市で伝えられてきた長井古種や、海外、特にアメリカでも育種が進んでいる外国系がある。

一般的にショウブというと、ハナショウブを指すことが多い。しかし、菖蒲湯に使われるショウブは、ショウブ科またはサトイモ科に分類される別種の植物である。

ノハナショウブ(野花菖蒲、学名: Iris ensata var. spontanea )はアヤメ科アヤメ属の多年草。

日本では、北海道、東北、四国、九州に、アジアでは朝鮮半島、中国に分布し、水辺や湿原、湿った草原に自生する。

花茎の高さは40cmから100cmになり、葉は剣形で全縁。花期は6月から7月で、赤紫色の花びらの基部に黄色のすじが入るのが特徴。アヤメには網目模様が入り、カキツバタには白色から淡黄色のすじが入る。

園芸種であるハナショウブ(花菖蒲、学名:Iris ensata var. ensata 、Iris kaempferi )の原種である。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月