日付 今日の花 花言葉
24 キランソウ(きらんそう・金瘡小草・ジゴクノカマノフタ・ジュウニヒトエ)キランソウ(ジゴクノカマノフタ)

あなたを待っています

この誕生花の人の性格は?
裏表がなく、いつでも誠実でまじめな人です。外面を取り繕う調子の良い人の多い近頃、このような性格は貴重です。あなたの知らない所でかなり高い評価を得ているはずです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

キランソウ(きらんそう・金瘡小草・ジゴクノカマノフタ・ジュウニヒトエ)

誕生花の事典
学術的説明
キランソウ属(-ぞく)とは、シソ科の属の一つ。世界中の熱帯~温帯地域に約50種が分布する。ラテン名のアジュガ(Ajuga)で呼ばれることも多い。但し、アジュガをセイヨウジュウニヒトエの意味で用いることもある。
和名

キランソウ(金瘡小草)、ジゴクノカマノフタ

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

キランソウ(Ajuga decumbens)は、本州、四国、九州の草原などに分布する。地面に平たく這い蹲ったような植物で、葉をロゼット上に出し、匍匐枝を横に伸ばす。春に青紫色の花を咲かせる。開花期の全草は筋骨草(きんこつそう)という生薬である。高血圧、鎮咳、去淡、解熱、健胃、下痢止めなどに効果があるとされるが、民間薬的なものである。別名をジゴクノカマノフタというが、これは「病気を治して地獄の釜にふたをする」ということからである。

ジュウニヒトエ(A. nipponensis)は、本州、四国の山地に分布する。キランソウに似るが、茎は立ち上がり、花は穂状に着く。春に白に近いうすい紫色の花を咲かせる。

セイヨウジュウニヒトエ(A. reptans)は、ヨーロッパ原産。よく花壇などで栽培されているが、丈夫な植物で半野性化していることもある。春に紫色の花を咲かせる。別名はツルジュウニヒトエ、ヨウシュジュウニヒトエ、セイヨウキランソウ。花壇に植えられているキランソウ、ジュウニヒトエといわれているものは、ほとんどは実際は本種である。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月