日付 今日の花 花言葉
15 カラタチバナ(からたちばな・唐橘・ヒャクリョウ・百両)カラタチバナ(唐橘・ヒャクリョウ)

鋭敏な

この誕生花の人の性格は?
大人びたふるまいの影に、チラリと少年、少女のようなナイーブさが感じられます。それがあなたの最大の魅力です。ロマンチストで映画のような恋愛に憧れます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

カラタチバナ(からたちばな・唐橘・ヒャクリョウ・百両)

誕生花の事典
学術的説明
ヤブコウジ科ヤブコウジ属、学名:Ardisia crispa。ヤブコウジ科(Myrsinaceae)は双子葉植物の科。ほとんどが常緑性木本で、主に熱帯・亜熱帯、一部は温帯に、 35属1000種ほどを産する。日本では暖地を中心に3属が自生する。
和名

カラタチバナ(唐橘)、ヒャクリョウ(百両)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

ヤブコウジ、マンリョウなど観賞用(特に果実が美しい)に栽培されるものが多い。花は放射相称、子房上位で、4-6数性、花冠は合生する。果実は液果または核果で、1個ないし数個の種子を含む。

ツノヤブコウジ属は東南アジアのマングローブ構成樹種で、偽胎生種子をつける。

Ardisia("Coralberry"もしくは"Marlberry")ヤブコウジ属は、Myrsinaceae(ヤブコウジ科)の顕花植物の1属である。アメリカやアジア、オーストラレーシアなどの温帯から熱帯地域に自生している。ヤブコウジ属は、高さ8m(26フィート)ほどまで成長する低木や半低木、約250種から成り立っている。

その中のひとつ、ヤブコウジ(中国語で「紫金牛」)は、漢方薬約50種の素材になる。また、葉がロウ成分を含み、核果状の赤い実を成らせる"Ardisia crenata"(マンリョウ・万両のこと)は、「coral bush」や「coralberry tree」、「spiceberry」という名で知られている。

Ardisia (Coralberry or Marlberry) is a genus of flowering plants in the family Myrsinaceae (Myrsine family), native to warm temperate to tropical regions of the Americas, Asia, and Australasia. The genus includes about 250 species of small trees, shrubs and subshrubs growing up to 8 metres (26 ft) tall.

One species, Ardisia japonica (Chinese: 紫金牛; ) is one of the 50 fundamental herbs in traditional Chinese medicine. The species Ardisia crenata, with waxy leaves and red berries in drupes, is also known as coral bush, coralberry tree, or spiceberry.

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月