日付 今日の花 花言葉
30 アシ(あし・葦・芦・蘆・葭・ヨシ・よし)アシ(あし・葦・芦・蘆・葭・よし)

神の信頼、音楽

この誕生花の人の性格は?
つかず離れずの、ほどのよい人づきあいが上手。それだけ大人だということです。話題も豊富で、いかにも大人だといった感じ。後輩や年下の異性の憧れのまとです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

アシ(あし・葦・芦・蘆・葭・ヨシ・よし)

誕生花の事典
学術的説明
ヨシまたはアシ(葦、芦、蘆、葭)は、温帯から熱帯にかけての湿地帯に分布する背の高いイネ科の草の一種である。
和名

アシ(葦・芦・蘆・葭)、ヨシ

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

「ヨシ」という名は「アシ」が「悪し」に通じるのを忌んで(忌み言葉)、逆の意味の「良し」と言い替えたのが定着したものであるが、関東では「アシ」、関西では「ヨシ」が一般的である。3~4の種に分ける場合があるが、一般的にはヨシ属に属する唯一の種とみなされている。よく似た姿のイネ科にも流用され、クサヨシ、アイアシなど和名にも使われている。

条件さえよければ地下茎は一年に5m伸び、適当な間隔で根を下ろす。垂直になった茎は2~6mの高さになり、暑い夏ほどよく生長する。葉は茎から直接伸びており高さ20~50cm、幅2~3cmで細長い。花は暗紫の長さ20~50cmの円錐花序に密集している。

主として河川の下流域から汽水域上部、あるいは干潟の陸側に広大な茂み(ヨシ原)を作り、場合によってはそれは最高100ヘクタールに及ぶ。根本は水につかるが、水から出ることもあり、特に干潟では干潮時には干上がる。水流の少ないところに育ち、多数の茎が水中に並び立つことから、その根本には泥が溜まりやすい。このように多くの泥が集まり、蓄積する区域は、その分解が多く行われる場所でもある。

他方で、その茎は多くの動物の住みかや隠れ場としても利用される。ヨーロッパとアジアでは特に、ヒゲガラ、ヨシキリ、サンカノゴイといった鳥類と関わりが深い。泥の表面には巻き貝やカニなどが多数生息する。アシハラガニはこの環境からその名をもらっている。

このように、多くの分解が行われ、多くの水生動物のよりどころとなる芦原は、自然の浄化作用の上で重要な場所であり、野生動物と環境保護に重要な植物群落であると言える。また、この事から釣りのポイントの一つでもある。

まっすぐに伸びる茎は木化し、竹ほどではないにせよ材として活用できる。古くから様々な形で利用され、親しまれた。日本では稲刈りの後に「芦刈(あしかり)」が行われ、各地の風物詩となっていた。軽くて丈夫な棒としてさまざまに用いられ、特に芦の茎で作ったすだれは葦簀(よしず)と呼ばれる。また、屋根材としても最適で茅葺民家の葺き替えに現在でも使われている。日本神話ではヒルコが葦舟で流される。最近では、葦舟の製作も市民活動として行われるようになってきている。ちなみに、南米で葦舟といわれるのは、この葦ではなく、カヤツリグサ科のフトイの仲間を、古代エジプトにおいては同じくカヤツリグサ科のパピルスを使っている。

芦の茎は竹同様に中空なので、笛として加工するにもよく、芦笛というのがある。西洋のパンフルートは、長さの異なる芦笛を並べたものである。ギリシャ神話においては、妖精シュリンクスが牧神パンに追われて芦に身を変えたところ、風を受けて音がなったため牧神パンによって笛に変えられたという逸話から、その名が付けられている。古代中国のおける楽器、簫(しょう)も同じ系統である。また、クラリネットやサクソフォン、篳篥を始めとした木管楽器のリードとして活用されることもある。

この他にも、肥料、燃料、食料、生薬原料、漁具、葦ペン、ヨシパルプなどの用途があり、現在でも利用されるものや、研究が行われているものもある。ヨシパルプについては、旧ソ連やルーマニアで製造工場が稼動していたことがあるが、日本国内においても、名刺やハガキなどのために現在も少量生産されている。

近年ヨシ原は、浅い水辺の埋め立てや河川改修などにより失われることが多くなり、その面積を大きく減らしている。ヨシ原は、自然浄化作用を持ち、多くの生物のよりどころとなっているため、その価値が再評価されてきており、ヨシ原復元の事業が行われている地域もある。

葦に関して最も有名なヨーロッパ文学での言葉はブレーズ・パスカルによる「人間は考える葦(roseau pensant)である」以外にないだろう。ジャン・ド・ラ・フォンテーヌの寓話「オークと葦」(Le chene et le roseau)では傲慢なオークが倒れてしまったのに対し、倒れないように自ら折れて風雨を凌いだ葦の姿が描かれている。

また、古事記の天地のはじめには最初の二柱の神が生まれる様子を「葦牙のごと萌えあがる物に因りて」と書き表した。葦牙とは、葦の芽のことをいう。その二柱の神がつくった島々は「豊葦原の千秋の長五百秋の水穂の国」といわれた。これにより、日本の古名は豊葦原瑞穂の国という。更級日記では関東平野の光景を「武蔵野の名花と聞くムラサキも咲いておらず、アシやオギが馬上の人が隠れるほどに生い茂っている」と書き残し、江戸幕府の命で遊郭が一か所に集められた場所もアシの茂る湿地だったため葭原(よしはら)と名づけられ、後に縁起を担いで吉原と改められた。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月