日付 今日の花 花言葉
18 ワタ(わた・綿・コットン)ワタ(わた・綿・コットン)

繊細

この誕生花の人の性格は?
繊細で傷つきそうな外見。でも驚くほどタフで、ものに動じない性格です。きゃしゃな人が多いのですが、体力気力は十分。女性は男性顔まけの仕事をします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ワタ(わた・綿・コットン)

誕生花の事典
学術的説明
ワタ属(Gossypium spp.、英: cotton plant)は、アオイ科の属の一つ。約40種の多年草からなる。世界各地の熱帯または亜熱帯地域が原産。子房が発達して形成される朔果 (ball) の内部の種子表面からは白い綿毛が生じ、これを繊維として利用するため栽培される。この繊維は綿として利用される。
和名

ワタ(綿)

英名

Cotton plant

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

また、繊維を採取した後の種子から取られた綿実油は、食用油として利用される。油の絞りかすにはポリフェノールのゴシポールが含まれており、有毒であるが、中国では男性用の経口避妊薬として用いられている。

生育には高温(平均気温25℃程度)が必要。アメリカ合衆国のコットンベルトとよばれる綿の栽培地帯は北緯37度~39度。年降水量は 1000~1500mmを要する一方、開花期には乾燥が必要。

春に播種し、2ヶ月程度で着蕾、開花する。開花40~45日後に朔果が割れ、中の繊維質が出てきて収穫時期となる。

2003年度において、世界の総栽培面積のうち21%が遺伝子組み換えワタだった。中国においては58%が遺伝子組み換えワタだった。導入された遺伝子は2種に大別される。ひとつは殺虫効果のある結晶タンパクを作るBacillus thuringiensis (BT) という真正細菌の遺伝子、もうひとつはラウンドアップなどグリホサート系の除草剤に耐性を持つ遺伝子である。これら両方の遺伝子を導入した品種も作られている。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月