日付 今日の花 花言葉
5 オミナエシ(おみなえし・女郎花・チメグサ・はいしょう・敗醤)オミナエシ(女郎花・はいしょう)

美人

この誕生花の人の性格は?
一見落ち着いて見えるのですが、実はかなりのそこつ者。しょっちゅう転んだりぶつかったりするところがありますが、そんな所がかえってかわいく思われる得な性格。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

オミナエシ(おみなえし・女郎花・チメグサ・はいしょう・敗醤)

誕生花の事典
学術的説明
オミナエシ(女郎花 Patrinia scabiosifolia)は、合弁花類オミナエシ科オミナエシ属 の多年生植物。秋の七草の一つ。チメグサ、敗醤(はいしょう)ともいう。
和名

オミナエシ(女郎花)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

沖縄をのぞく日本全土および中国から東シベリアにかけて分布している。

夏までは根出葉だけを伸ばし、その後花茎を立てる。葉はやや固くてしわがある。草の丈は60-100cm程度。8-10月に黄色い花を咲かせる。

日当たりの良い草地に生える。手入れの行き届いたため池の土手などは好適な生育地であったが、現在では放棄された場所が多く、そのために自生地は非常に減少している。 日本では万葉の昔から愛されて、前栽、切花などに用いられてきた。漢方にも用いられる。

全草を乾燥させて煎じたもの(敗醤)には、解熱・解毒作用があるとされる。また、花のみを集めたものを黄屈花(おうくつか)という。これらは生薬として単味で利用されることが多く、あまり漢方薬(漢方方剤)としては使われない(漢方薬としてはヨク苡仁、附子と共に調合したヨク苡附子敗醤散が知られる)。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月