日付 今日の花 花言葉
11 ムクゲ(むくげ・槿・木槿・無窮花)ムクゲ(むくげ・槿・木槿・無窮花)

デリケートな美

この誕生花の人の性格は?
ばか正直と言いたいようなきまじめさ。人の気持ちを読み取るのが下手なところがありますが、常に誠実につとめていれば、いつか必ずあなたの気持ちがわかってもらえるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ムクゲ(むくげ・槿・木槿・無窮花)

誕生花の事典
学術的説明
ムクゲ(槿、木槿、無窮花; Hibiscus syriacus; 英語: rose of Sharon)はアオイ科の落葉低木。 庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花である。 大韓民国の国花。
和名

ムクゲ(槿・木槿・無窮花)

英名

Rose of Sharon

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつける。 薬用のほか、鑑賞用に多くの品種がある。

根が横に広がらないため、比較的狭い場所に植えることができる。 刈り込みにもよく耐え、新しい枝が次々と分岐する。そのため、庭の垣根に利用されることもある。 自然樹形は箒を逆さにしたようになる。 栽培されているものはよく剪定されてしまうため、高さは3-4mくらいのものが多く、灌木であると誤解されるが、放置すると10m以上の樹高になり、桜の木よりすこし小さいくらいの大きさになる。

花期は7-10月。花の大きさは10-18cmほど。 花芽はその年の春から秋にかけて伸長した枝に次々と形成される。 白居易(白楽天)の詩の誤訳から一日花との誤解があるが、朝花が開き、夕方にはしぼんで、また翌朝開き、一重のもので2-3日。八重の長く咲くもので2週間くらい、一輪の花を楽しめる。

原産地は中国ともいわれている。中緯度の世界中の国々で栽培されている。 日本国内では、奈良県熊野川沿いに野性化したムクゲの一部が自生しているとの報告がある。

日本語では古くは朝顔(あさがお)、後に無窮花(むくげ; 「無窮花」の呉音読み)、木槿花(もくげ; 「むくげ」と「木=もく」の習合した発音)であるが、植物学では木槿(ムクゲ)と当て字をして読むのを和名としている。

日本では夏の御茶事の生け花として飾られたり、庭木としても広く利用されている。

樹皮を乾燥したものは木槿皮(もくきんぴ)槿皮(チンピ)という生薬である。抗菌作用があり胃腸薬や水虫など皮膚炎の薬に配合される。

花を乾燥したものは木槿花(もくきんか)槿花(チンファ)という生薬である。皮膚炎、胃腸炎、下痢止め等に用いる。

八坂神社の粽(ちまき)の御守りの代用の花、御茶事の花、生け花として、もとは源氏の武士の間で、今では一般に広く栽培されている。

しばしば韓国の象徴とされ、国章にも意匠化されている。大韓民国の国花。また、韓国内ではホテルの格付けなどの星の代わりにも使用されている。

儒教や道教では、帝舜の名前に使われ徳を象徴する花としてあつかわれ、仏教では「一切空」の概念を表す「シュニャータ」(サンスクリット)を「舜若多」と書くことから、仏法を象徴する花とも考えられてきた。

白楽天の詩の一節は「槿花一日自成栄」(槿花は一日で自から栄を成す; 仏法があっというまにひろがったことを指す)であって、「槿花一日の栄」ではない。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月