日付 今日の花 花言葉
14 フシグロセンノウ(ふしぐろせんのう・節黒仙翁)フシグロセンノウ(節黒仙翁)

転職、転機

この誕生花の人の性格は?
男も女も美貌の持ち主が多く、なかなかもてます。本人もそれを自覚しているようでちょっときどってしまうのが玉にキズ。あまり自意識過剰にならないように気をつけて。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

フシグロセンノウ(ふしぐろせんのう・節黒仙翁)

誕生花の事典
学術的説明
フシグロセンノウ(節黒仙翁、学名:Lychnis miqueliana)は、ナデシコ科センノウ属の多年草。
和名

フシグロセンノウ(節黒仙翁)

英名

-

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

茎は直立し、高さは 50-80cmになる。茎の節が黒褐色になり、茎の上部は分枝し、まばらな軟毛がある。葉は無柄で茎に対生する。葉身は卵形から長楕円状披針形で、葉先は鋭尖形で基部は細まり、長さ5-14cm、幅2.5-5cmになる。

花期は7-10月。朱赤色の花は、分枝した茎の先にまばらに数個咲く。萼は2.5-3cmの長円筒状で5裂し、毛はない。花弁は5個で長さ2.5-3cmになる。蒴果は先が5裂した長楕円形となる。

本州、四国、九州に分布し、山地の林下に自生する。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月