日付 今日の花 花言葉
19 ツリフネソウ(つりふねそう・釣船草・吊舟草)ツリフネソウ(つりふねそう・釣船草)

私に触れないで下さい

この誕生花の人の性格は?
裏表のない誠実な人柄。見栄を張って背伸びをしたりせず、ありのままの自分を素直に見せる希有の人といってもよいでしょう。無垢の心を大切に。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ツリフネソウ(つりふねそう・釣船草・吊舟草)

誕生花の事典
学術的説明
ツリフネソウ(釣船草、吊舟草、学名 Impatiens textorii )は、ツリフネソウ科ツリフネソウ属に分類される一年生草本植物である。 ムラサキツリフネ(紫釣船)とも呼ばれる。
和名

ツリフネソウ(釣船草・吊舟草)

英名

Touch-me-not

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

東アジア(日本、朝鮮半島、中国、ロシア東南部)に分布する。

日本では北海道・本州・四国・九州の低山から山地にかけて分布し、水辺などのやや湿った薄暗い場所に自生する。キツリフネとともに群生していることも多い。

草丈は 50~80cm ほどに生長する。 葉は鋸歯(縁がギザギザになる)で、楕円形から広披針形、キツリフネより広披針形に近い傾向がある。

花期は夏から秋(山地では 8月頃から、低地では 9~10月)。茎の先端部から細長い花序が伸び、そこに赤紫色で 3~4cm ほどの横長の花が釣り下がるように多数咲く。花弁状の萼と唇形の花びらをもち、距が長く筒状になっている。その花が帆掛け船を釣り下げたような形をしていることが名前の由来になっている。

花の形はキツリフネに似るが、色が赤紫色であることと、花の後ろに伸びる距の先が巻くことが本種の特徴である。なお一般にツリフネソウ属の花は葉の下に咲くが、本種はその例外である。

大きく深い花がたくさん咲くので、主にマルハナバチなど大型のハナバチや、ツリアブ類などが好んで集まり、花粉を媒介する。種子が熟すと、ホウセンカなどと同様に弾けて飛び散るように拡がる。

和歌では晩夏から秋にかけての季語として詠まれる。

花言葉は「心を休める」「安楽」「期待」「詩的な愛」「私に触らないで」など。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月