日付 今日の花 花言葉
27 コスモス(アキザクラ・秋桜・オオハルシャギク・大春車菊)コスモス(アキザクラ・秋桜)

乙女の真心

この誕生花の人の性格は?
スケールの大きい人。ロマンチストで、将来のいろいろな夢をもっています。たとえ現実離れした夢でもきっとかなえそうなたくましさが、あなたの魅力でしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

コスモス(アキザクラ・秋桜・オオハルシャギク・大春車菊)

誕生花の事典
学術的説明
コスモス(Cosmos)は、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク(Cosmos bipinnatus)を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。
和名

アキザクラ(秋桜)、オオハルシャギク(大春車菊)

英名

Cosmos

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

秋に桃色・白・赤などの花を咲かせる。花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されている。本来は短日植物だが、6月から咲く早生品種もある。

原産地はメキシコの高原地帯。18 世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、コスモスと名づけられた。日本には明治20 年頃に渡来したと言われる。秋の季語としても用いられる。

日当たりと水はけが良ければ、やせた土地でもよく生育する。景観植物としての利用例が多く、河原や休耕田、スキー場などに植えられたコスモスの花畑が観光資源として活用されている。ただし、河川敷の様な野外へ外来種を植栽するのは在来の自然植生の攪乱であり、一種の自然破壊であるとの批判がある。

オオハルシャギク(大春車菊、大波斯菊、学名:Cosmos bipinnatus)は、キク科コスモス属の一年草。コスモス、アキザクラ(秋桜)とも呼ぶ。一般的にコスモスは、この種を指す。

秋に桃色の花を咲かせるが、品種改良により白、赤、黄色、オレンジなどの色も作り出されている。花は本来一重咲きだが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されている。本来は短日性植物だが、6月から咲く早生品種もある。

原産地はメキシコの高原地帯で、標高1600 - 2800mの高地に自生している。18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られ、ヨーロッパに渡来した。日本には明治20年頃に渡来したと言われる。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月