日付 今日の花 花言葉
30 ハゲイトウ(はげいとう・葉鶏頭・雁来紅・ヒユ)ハゲイトウ(葉鶏頭・雁来紅・ヒユ)

不老不死、情愛

この誕生花の人の性格は?
正義感が強く、困っている人を見るとほうっておけません。やや怒りっぽいのが玉にきずですが、単純で根に持たない性質なので、怒ってもすぐ忘れてしまいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 前の日へ

  • 次の日へ

  • 花言葉一覧表へ

誕生花の写真

ハゲイトウ(はげいとう・葉鶏頭・雁来紅・ヒユ)

誕生花の事典
学術的説明
ハゲイトウ(葉鶏頭、雁来紅、学名Amaranthus tricolor) はヒユ科の一年草。日本には明治後期に渡来し、花壇の背景、農家の庭先を飾る植物として、広く栽培されている。アマランサス(ヒユ属)の1種である。主に食用品種をヒユとも呼ぶが、アマランサスの食用品種の総称的に呼ぶこともある。
和名

ハゲイトウ(葉鶏頭・雁来紅)、ヒユ

英名

Joseph's coat

誕生花の特徴

特徴・歴史・用途・小話・雑学など

属名の Amaranthus は、「色が褪せない」の意味。そのために「不老・不死」の花言葉があるが、これは以前この属に属していたセンニチコウによるものである。種小名の tricolor は「三色の」の意。英名は旧約聖書に登場するヨセフにヤコブが与えた多色の上着のことで、鮮やかな葉色をこの上着にたとえている。

熱帯アジア原産の春まきの草花で、根はゴボウ状の直根で、茎は堅く直立し、草丈 80cm から 1.5m ぐらいになる。葉は被針形で、初めは緑色だが、夏の終わり頃から色づきはじめ、上部から見ると中心より赤・黄色・緑になり、寒さが加わってくるといっそう色鮮やかになる。全体が紅色になる品種や、プランターなどで栽培できる矮性種もある。

タネは細かいが、発芽は比較的よく、こぼれ種でも生えるくらいである。排水と日当たりの良いところに4月下旬頃に直まきし、タネが見え隠れする程度に覆土する。

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月